デリヘル

デリヘル嬢として稼働していました

24歳一児の母、19歳から22歳のときまでデリヘル求人に応募してデリヘル嬢をしていました。
中学生の頃に両親が離婚、私と弟2人は看護師をしている母のもとで育ちました。
父は別の女性と再婚し、養育費を入れてくれなかったので生活は苦しかったです。
私は高校卒業後、福祉の専門学校に入学したのですが、奨学金を返済するためにデリヘルの求人に応募しました。
信頼できる男性に風俗のアルバイトを探してくれるように依頼して、最初はキャバクラを紹介してもらったのですが、もっと稼げるところをお願いして、見つけてもらったのが働いていたお店です。
妹系美少女というコンセプトでお店が私をデビューさせてくれました。
お店のサイトに今でも私のモザイク写真が残っていますが、本当に綺麗に撮影してくれました。
色白でおっぱいが大きかったのが良かったのか、中年の男性を中心に人気が出たのです。
最初の2か月は、学校が終わるとすぐに仕事に就いて、生理の日以外は毎晩働いていたため、200万以上稼ぐことができました。
奨学金を返済する目途が立った後は、翌日が学校が休みの金曜日と土曜日のみの出勤にしましたが、あくまでも学校が本業で風俗の仕事はアルバイトと思っていました。
お金が貯まったのに、なぜ辞めなかったのかというと私のことを気に入って通ってくださるお客様がついたからです。
学校は私の居場所ですが、風俗も私の存在を認めてくれる世界だったのです。
それでも学校の卒業直前に風俗の仕事からもあがりました。
今は結婚して子供も生まれ、あの時のことはたった2年前の話ですが、遠い思い出になっています。

デリヘルを選んで

実際に店舗のあるお店で働く事も考えましたが、お店よりも良いかなと思ったので、デリヘルを選びました。
とは言っても未経験で何をする所なのかも最初は知りませんでした。
知り合いに紹介してもらって、結果そこで働く事になりました。
私が働いていたのは送迎型の所です。
その方が移動も楽かなと思ったからです。
また何かあった時でも安心なのではないかとなんとなく思ったので、そこを選びました。
デリヘルのアルバイト自体は、時給が良かったのですごく良かったと思います。
ただやはりお客様との相性とかもあって、結構気を使ってしまう事もありました。
出来るだけ楽しく過ごしてもらおう、そう思いながら仕事をしていたのを覚えています。
やはり接客業だと思うので、お客様の事を考えるのは必要だと思っていたからです。
私が働いていたお店は、サポート体制等も充実していたので、お店に対しての不満はありません。
もう今はアルバイト自体をしていないのでそのお店にもお世話になっていませんが、もし再び働く事になったら、またそのお店で働けたらいいなと思っています。
働くまでは本当に大丈夫か、何か問題があるのではないかと思っていましたが実際にはそうではありませんでした。
もしどういう仕事なのか気になる人がいたら、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
頑張ればその分結果もついてくるので、チャレンジする価値はあると思います。


デリバリーヘルスについて

派遣型のファッションヘルス、デリヘルの解説。
ja.wikipedia.org/wiki/

風俗に来た冴えない男

こんなこと大きな声では言えませんが、風俗に来る男性は基本いけてない人が多いです。
私の働いている風俗店は埼玉のなのですが、コスプレを多く扱っているためかオタクがよく来ます。
私自身も腐女子なのでその点は別に構わないのですが、困るのは口説かれる時です。
面食いの私は「無理無理」と思ってしまうのです。
いつも「彼氏は特に欲しくない」と言っていますが、彼氏は欲しいけどあなたはカッコ悪いしと言うのが本音です。
さて、そんな私はとあるスマホゲームに凝っています。
イケメンに弄ばれるという感じのゲームなのですが、なんとそのゲームのシナリオライターが客として来たのです。
なぜかそれだけでその男性がカッコよく見えてしまい色々裏話まで聞いているうちにまるで彼氏に色々教えてもらっているような感覚になってきてしまいました。
終いにはデリヘルが終わった後に彼の家に連れて行ってもらいシナリオの書き方や入稿の仕方なんて言うのを見せてもらいました。
もちろん最終的にはエッチまでしてしまいますよね。
でもエッチが終わって冷静になると「なんでこんなブサイクと寝てしまったんだろう」と思ってしまうようになりました。
やっぱり客と一線越えるのはいいことありませんよね。
結局そのゲームもなんか飽きてしまい翌日には辞めました。

デリヘルに来るキモオタ

私は普段OLをしながらとあるデリヘル店でデリヘル嬢をしています。
そして昔から趣味でコスプレもやっています。
最初のうちはお客さんはまばらで使命なんてあまりされませんでした。
しかし、コスプレも徐々にやめようと思っていた時にコスプレを載せているアカウントに「デリヘル嬢をやっています」という旨の書き込みをしたらその日からかなりの指名をもらう事が出来るようになりました。
それは嬉しかったのですがやはりキモオタばかりが来るようになってしまいました。
コスプレの撮影会に来る顔なじみの人が多く「前から気になっていました」という旨を聞きます。
来るたびに差し入れを持ってきてくれて優しいのですが生理的に受け付けないのです。
それでも断るわけにもいかず相手をするのですがそれがだんだん勘違いを生むことになり今では「付き合ってよ」と言う旨のメールを1日に何通も受けます。
徐々にストーカーチックになっていく彼が強いのですがお店に言っても「考えすぎだろ」と言われるばかりで怖いです。
しかし先日彼が遊びに来た時にやんわり違う子を「かわいい」とか「すごいいい子で」と言ったらこっそりその子の方に遊ぶようになったようなのです。
そうなるとなんか嫉妬してしまう自分がいて複雑です。

横瀬デリヘルスタイル 埼玉デリヘルスタイル 吉川デリヘルスタイル 吉見デリヘルスタイル 寄居デリヘルスタイル 嵐山デリヘルスタイル 和光デリヘルスタイル
埼玉デリヘルスタイル 蕨デリヘルスタイル 上尾デリヘルスタイル 朝霞デリヘルスタイル 入間デリヘルスタイル 坂戸デリヘルスタイル